タグ:渓流 ( 18 ) タグの人気記事

・・・ キムン・カムイ ・・・

今日はKさんを先日の渓へご案内した


本当は別の川へ行く予定だったのだが、天候を考慮しここを訪れることにしたのだ








d0267877_20501280.jpg





前回来たときよりも秋の気配が濃くなった気がする


ほんの数日しか経っていないのに、駆け足で季節は進んでいるようだ


川は相変わらず魚影が濃く、Kさんも僕もそれなりにレインボーの引きを楽しんだ




雑談をしながら1kmほど釣り上り、林道へ脱渓した僕らはそこであるものを見つけた









d0267877_2111018.jpg





これは前足









d0267877_2115492.jpg




そして後足






真新しい足跡、前足の幅を計ると14cm、おそらく200kgくらいの個体だろう


ヒグマは一般的に、前足の幅が12cm~14cmだと100kg~200kg


15cmを超えると200kg以上でオスの確率が高くなるといわれる


雌雄の判別は後足の形状で分かるそうだが、残念ながら僕にはそこまでの知識はない


僕が知っているのは、彼らは非常に賢くそして用心深いということだ


今回はおそらくヒグマの方から我々を避けてくれたのだろう


これからの季節、十分な注意が必要と、気を引き締めた釣行だった
[PR]
by trout335 | 2012-10-11 21:33

・・・ 憂愁 ・・・

「今日はどこへ行こうか」


そんなことを思いながら、遅く起きた僕は漠然と東へ向かっていた


正午過ぎ、たどり着いたのは、山中の小渓流





d0267877_20432434.jpg





なんとも風情のある橋、昭和43年竣工とある


川底は岩盤とナメ床が続いている


ミノーをキャストすると、数尾の小さなレインボーが追ってきた







d0267877_20491226.jpg




この渓はとても美しい、もう少し天気が良ければ最高のロケーションだろう





渓魚の活性も高く、ポイントからは必ず反応がある


しばらく釣り上がると、ぶっつけの流れに倒木が絡んだポイントが見えてきた


倒木と倒木の50㎝ほどの隙間にミノーを打ち込み、軽くシェイクすると・・・・






d0267877_20541960.jpg




d0267877_20544076.jpg





40㎝に僅かに満たないレインボー、この渓の規模だとこのくらいが最大かもしれない






そして、その後も







d0267877_20562536.jpg





d0267877_20564613.jpg





d0267877_2057486.jpg







サイズこそ小さいが、沢山のレインボーに会うことが出来た


渓相・魚のコンディションともに素晴らしい


こんなロケーションときれいな魚たちに出会えたことに感謝したい










それなのに、現実とは皮肉なものだ


とても残念な事だけれど、数年後この渓はダムの底に沈む


あの苔むした橋も、美しい流れも、すべて水の底へ消えてしまうのだ








d0267877_2191369.jpg





すっかり日没が早くなった、雪が降る前にもう一度この渓を歩いてみたい。
[PR]
by trout335 | 2012-10-06 21:22

・・・ 秋 ・・・

9月21日、Kさんの案内でとある川を訪れた


残暑が続いていた北海道だが、前日20日の夜から急に気温が下がり


この日はとても涼しくなっていた






d0267877_21101630.jpg





川は大きすぎず、小さすぎず、ちょっと渇水気味のようだが、釣りやすそうに見える


入渓直後、我々の後を追うように二人の釣り人が入ってきた、やはり人気のある川らしい


情報では尺前後のトラウトの数釣りが出来るとの事だったのだが・・・


今日はいまいち反応が良くないようだ





d0267877_21165765.jpg





しばらくして釣れたのは、うっすらとパーマークが残るアメマス


しかし、その後は反応が無く、この渓を後にした






9月26日、今日はBig Rainbowが釣れる川に行こうと思っていたのだが


昨日・一昨日のゲリラ豪雨が災いし、狙いを付けていた川はどこも大増水&濁りで釣りにならない


まとまった雨が降っても釣りが出来る川といえば、やっぱりあそこしかない





d0267877_22431686.jpg





ここはあれだけの雨が降った後なのに、水位がほとんど変わっていない


おそらく川を取り巻く森の保水力が優れているのだろう






d0267877_2245752.jpg




そしてルアーへの反応も非常に良く、一投目から元気なブラウンが顔を見せてくれた


その後も





d0267877_2140489.jpg






d0267877_21403343.jpg






d0267877_21404621.jpg





ミノーを追う魚影はとても濃く、かなりの数釣りを楽しんだ


欲を言えば、もう少しサイズが伸びると嬉しいのだが・・・・・








秋は寒暖の差が激しかったり、水位の増減も頻繁に起こる


そして僕たちはいつもその変化に振り回されてしまうけれど


状況に合わせたフィールド選択で、今年も秋の釣りを楽しもうと思います。
[PR]
by trout335 | 2012-09-26 22:25

・・・ Timing ・・・

北海道は9月になっても暑い日が続いている、過去こんなに残暑が厳しい年は僕の記憶にはない


9月13日、涼を求めてKさんと森の奥深く、ブラウンの川へ出かけた




d0267877_2227298.jpg





このせせらぎを耳にするだけでも、この川へ来る価値はある







d0267877_22293343.jpg






フライのKさんに先行してもらう


しかし、なぜだろう、今日はなかなか魚が出ない


しばらくしてやっとKさんが1尾釣り上げたが、彼も渋い表情だ







d0267877_22322124.jpg





それからかなり釣り上り、やっと僕も1尾


そしてこれがこの日僕の最大魚になるとは・・・


前回あれほどいた魚はいったいどこへ消えてしまったのだろう






d0267877_2240411.jpg





あれから数日たった今日17日、もう一度確かめにこの渓へやってきた


今日は今にも一雨降りそうな空模様、降り出す前に1尾釣りたいところだ


近頃はあまり使わない1500c、大好きなリールだがギヤ比が低いのが玉に瑕だ









d0267877_22481196.jpg





1尾釣るまではこれで通そうと思っていたら、あっさり1投目で釣れてしまった


その後も






d0267877_22493960.jpg





d0267877_22502040.jpg




d0267877_2259962.jpg





サイズこそ小さいものの、釣れる、釣れる


数日前とはまるで違う川のようだ






d0267877_22563232.jpg




結果、サイズは伸びなかったが、かなりの数を釣ることができた


何事も大切なのはTimingということなのだろうか


まったく、いくつになっても釣りはよく分からない。
[PR]
by trout335 | 2012-09-17 23:07

・・・ Spring creek  ・・・

今日・明日と休みが取れた


どこに行こうか考えていたが遠くへ遠征する気にもなれず


初日はとりあえず前から気になっていた近くの川を見に行ってみることにした






d0267877_18245228.jpg






林道を10数km、ふた山くらい越えたところにあるスプリングクリーク


この区間に入るのは今日が初めてだ


そして、今日はあるロッドのテストもかねている。


ブランクはソリッドグラス、ガイドだけベイト仕様に自分で加工した2次製品







d0267877_18441287.jpg




そう、元はあの「鱒レンジャー」(笑)


バットフェルールは省略したが、問題ないようだ


冗談で作ったロッドだが、キャストフィールとアキュラシーも意外と悪くない


ブランク1,500円+ガイドでこの性能なら、抜群のコストパフォーマンスだろう


実は初めそのままガイドだけを交換してみたのだが、バックラッシュしやすいロッドで使えなかった


そこで、ティップの戻りを早くするよう先端を少しカットし、ガイドを付け直してみたらそれが大当たり


とても使いやすくなった


そりゃ渓流ベイト専用に作られたBeamsと比べれば明らかに見劣りするが・・・それは酷というものだ










d0267877_18534073.jpg





1投目からこんなブラウンが入れ食い状態、ここにはしばらく人が入っていないのか?


そして、しばらく釣り上るとこんなものを発見した








d0267877_1856099.jpg





ヒグマの食痕


北海道では特に珍しいものでもないが、こんな食痕があちこちにある


人が入っていないのはこれが理由かもしれない








d0267877_18592430.jpg






ヒグマの気配が濃いので、数キロ下流へ戻り入渓し直した


それにしてもここは涼しい、下界とはかなりの気温差があるはずだ


ここからはロッドをいつものBeamsに持ち替えて釣り上る







d0267877_1991475.jpg






そして釣れたのは、30を少し超えるブラウン









d0267877_1913514.jpg





ネットが大きすぎて魚が小さく見えるけど、いいファイトで楽しませてくれた


明日はどこへいこうか・・・
[PR]
by trout335 | 2012-09-07 19:40

・・・ 油断 ・・・

早朝、ある情報を元に近郊の渓流へ


今日もKさんにご一緒していただいた









d0267877_439473.jpg




かなり大規模な砂防が続く山岳渓流、しかし水位は低い






d0267877_4401483.jpg






Kさんこんなポイントをサイドキャストで果敢に攻めるも、なかなかドライにはフッキングしないよう


ポイントを譲っていただいて2投目、中型のヤマメがヒット







d0267877_4411227.jpg




この川のヤマメは体色が青っぽいのが特徴的だ


しかし、その後しばらく釣り上がるも魚の気配なく、早々に移動することに








d0267877_4414093.jpg





訪れたのは前回も来た湿原河川、今日入るのは二人とも初めての区間だ


しかし、ここもポツポツ小さなレインボーが釣れるものの、大型の気配がない


川の規模の割には魚が少ない印象だ





d0267877_4422063.jpg




このくらいのは釣れるんだけどね







昼食を食べた後、Kさんは上流へ、僕は下流へと二手に分かれた


しばらく下ると大きなプールが見えてきた、よく見ていると時々ライズがある


気づかれないよう距離をとったままキャスト、ゆっくりリトリーブすると大きな魚がギラッと反転するのが見えた


ドラグが悲鳴を上げラインが止まらない、ラインはPE2号リーダーは12ポンド、ドラグはガチガチに締め込んでいたはずなのだが・・・・


結果は・・・・あまりの疾走についうっかりスプールを押さえてしまったためにラインブレイク


こんな時スプールに触っちゃいけないのは分かっていたのに


すぐにKさんに一部始終を報告、ポイントを譲り僕は上流へ・・・・・そしてKさんから電話


「3投目でかけたが切られた、ロッドを立てることも出来なかった」と


二人ともその後はアタリなし


ああ、なんとも悔しいエンディングだ


このままじゃ終われない、僕たちはきっと近いうちにまたここを訪れるだろう。
[PR]
by trout335 | 2012-07-13 09:18

・・・ 夏の渓流 ・・・

かつて僕は夏が嫌いだった


どこに行っても人だらけで、魚は釣れないし、暑いし、虫には刺されるし


人数制限されたイギリスの川でのんびり釣りがしたい・・・・・なんて本気で思っていたものだ


ところがあることをきっかけに、それが一変することになる。






d0267877_4514155.jpg




その日はとても暑い日だった


僕はいつものように入渓地点をさがして林道をさまよっていた


ところがどこも人だらけ・車だらけ、一瞬他の川に行こうかと考えたが・・・


7月の日曜日なんて、どこに行っても同じことなのは分かっていた


それでしょうがなく他の釣り人が叩いた後を釣り上ることにした。






d0267877_452770.jpg






夏の小渓流、こんな景色が延々と続いたが、魚は釣れなかった


歩き疲れてそろそろ帰ろうと思い始めた頃だった


なかばテキトーにキャストしたスプーンが偶然水を切って跳ねながらボサの奥へ入ってしまった


引っ掛かったかな?っと思った直後、強烈な引きが襲ってきた


テンパリながらランディングした魚は、いいサイズのレインボーだった。






d0267877_4523818.jpg



その時、人が探れないところには魚が残っていることに気がついた。








d0267877_453627.jpg




その後タックルは、スピニングからベイトへ変わり


僕は夏の釣りが少しだけ楽しくなった。










d0267877_4534336.jpg




それからはそんな川にわざわざ出かけることが増えた


人がさんざん探った後なのに魚が釣れるって、実はちょっと楽しい(笑)


数はそれほど出ないけど、サイズはそこそこなことが多いしね


夏の釣り、今年も楽しみたいです。
[PR]
by trout335 | 2012-07-07 20:49

・・・ TORIKABUTO ・・・

どんよりした天気だった


6月の北海道、1年で一番いい季節のはずなのに、今日はちょっと違っていた


冷たい霧はやがて霧雨に変わり、レインのフードをしたたり落ちる


やがて昼を過ぎた頃、雨がやんだ


とたんにムッとする熱気を含んだ風が吹き始める


生暖かい風の中で早咲きのトリカブトが誇らしげに揺れていた





d0267877_5171670.jpg




気温が上がりテレストリアルの流下が始まっても、川は沈黙したままだった


そしてあたりが薄暗くなった頃、リトリーブする手が止まった


一気にラインが走り、ティップが水面に突き刺さる










d0267877_5174417.jpg




ちりばめられた鮮やかなレッドスポット、下流の有名レイクの魚とは異なる特徴だ


サイズは50cmを少し超えるくらいだろうか


やっと・・・これで帰れる(笑)


ここに今度訪れるのはいつだろうか。
[PR]
by trout335 | 2012-06-18 09:14


ベイトタックルで小型のトラウト主体の渓流釣りをしています。


by trout335

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ

全体
未分類

最新の記事

・・・ The other ..
at 2013-06-30 22:48
・・・ YAMAME ・・・
at 2013-06-27 19:21
・・・ Brown ・・・
at 2013-06-16 19:03
・・・ Spring ・・・
at 2013-04-13 19:28
・・・ Twilight ・・・
at 2012-12-19 19:11

以前の記事

2013年 06月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月

フォロー中のブログ

Things
ultreya blog

外部リンク

ファン

ライフログ


続・渓流釣り北海道―120河川ガイド

検索

タグ

(18)
(13)
(11)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
北海道

画像一覧