タグ:レインボー ( 13 ) タグの人気記事

・・・ The other side of a gate ・・・

今回もプチ探検&新規開拓


初めてのフィールドって、どうしてこうもワクワクするのだろう





d0267877_2293824.jpg




午前中訪れたのは近郊の小規模河川


とはいっても、ここは入渓点が少なく気軽に入れる川ではない


いくつかの林道ゲートを通り、地形図とナビゲーションを頼りに何とかここへたどりついた


この川の上流と下流はアクセスポイントが数カ所あり、もっと荒れているのだが


さすがにこの流域は原始のままの佇まいを保っている


ここから1kmほど釣り上ったが、人工物やゴミは見かけなかった








d0267877_22144649.jpg





もう少し大きな魚を期待していたが、釣れる魚はこのくらいがアベレージサイズのようだ


適当なところで脱渓し、午後からは別な川へ






d0267877_22261993.jpg




午後から訪れた川は、午前中の川とはかなり様子が違う感じ


底石は全体に茶色い感じで鉄分やタンニンが多い水質を予想させる


しかし渓相は変化に富み、瀬と深みが交互に顔を出すなかなか魅力的な流れだ






d0267877_22301787.jpg





そんな流れからまず顔を出したのは、小さなエゾイワナ


足下まで追いかけてきてピックアップ寸前にバイトした






d0267877_22334644.jpg







d0267877_22331172.jpg







しかし、その後釣れたのは全てブラウン


ここも1kmほど釣り上っただけだが、いずれも30cm~40cmの型揃いがかなり釣れた


レインボーが1尾も釣れなかった事が気になるが、魚影が濃い川であることは間違いないようだ






今回の新規開拓もそれなりに魚も釣れて楽しむことができたけれど


この次も林道ゲートの向こう側にパラダイスはあるのだろうか・・・
[PR]
by trout335 | 2013-06-30 22:48

・・・ 活性 ・・・

この時期の雪は渓流釣り師にとってやっかいな代物だ


真冬なら多少雪が降ったくらいでは水温の変動はそれほどでもないが


この時期は夜降った雪が日中気温が上がると一斉に溶け出し、川へ流れ込む


流れ込んだ雪解け水は一気に水温を下げ、結果魚たちの活性も落ちてしまう




d0267877_2041146.jpg





昨日降った雪が溶け出す前に、何とか一本釣りたいものだが・・・・・・


朝の気温は-6℃、気温がプラスに転じるまでの僅かな時間が勝負だ









d0267877_193983.jpg





ボサの奥から出てきた1尾目、活性が低いのか全然引かなかった








d0267877_19412698.jpg





2尾目、ちょっと小さくなったような・・・・・・・









d0267877_19422451.jpg






どんどん小さくなっている









d0267877_2016434.jpg




それでもこの倒木の影から引きずり出したのは









d0267877_19503262.jpg





ギリ40cmのRainbow


その後はやっぱり水温が下がり、無反応に








d0267877_19282898.jpg




今日使ったリールは REVO LT 


安くて丈夫でトラブルフリー、ABUの新型ベイトフィネスリール


ちょとラクチンすぎてつまらない気もするけど、冬場はトラブルが少ない道具を選びたい


1601c同様、これから使用回数が増えそうだ
[PR]
by trout335 | 2012-11-28 20:19

・・・ Ambassadeur ・・・

d0267877_19143026.jpg




とうとう冬が来た、日中の最高気温もここ数日はひと桁まで落ちている。


この林道ももうすぐ積雪で通れなくなるだろう


もしかすると、この川での釣りも今シーズンは今日が最後かもしれない





d0267877_19175512.jpg




そろそろヒグマも冬眠の時期なのだけど、まだこの辺にはウロウロしているヤツがいるようだ







最近古いAmbassadeurを使う事が増えている


快適な最新タックルもいいが、手の掛かる古いリールもなかなか捨てがたい


ドラグの逆転音がするところも、このリールが好きな理由かもしれない







肝心の釣りは今日は水温が低いせいか、あまり活性が良くない


ルアーには触るのだが、ほとんどフッキングしない魚ばかりだ


そんなことを繰り返し、昼近くなってやっと1バイト







d0267877_21211664.jpg






釣れたのは小さいRainbow、今日のこの状況だと贅沢は言えませんね


その後数尾同サイズを追加したが、吹雪がひどくなってきたので 13:00 Stop Fishing


今日はダメだったけど、年内チャンスがあればもう一度くらい訪れたいなぁ。
[PR]
by trout335 | 2012-11-21 22:03

・・・ Stairway to Heaven ・・・

今朝、霜が降りた


秋の釣りを楽しめるのもあと僅か、季節は駆け足で冬へと向かっている






d0267877_20371656.jpg





こんな里川の魚たちも、やがて訪れる冬に備えて荒食いを始めるはずだ










d0267877_20404543.jpg





しかし、期待とは裏腹に釣れてくるのはこのくらいの小さなレインボー


しばらく釣り上るものの今日は気配がない、移動することに








d0267877_2047139.jpg




ここは同じ水系の別な河川、紅葉が美しい







d0267877_2052351.jpg





ボサ際へミノーを打ち込むと、小さなレインボーがヒット


その後もボサや倒木際から同じようなサイズが顔をだす









d0267877_2057166.jpg




川が直角に曲がるぶっつけの深場から現れたのは、ちょっと色づいた尺上のレインボー


ロッドを絞り込むなかなかいい引きで楽しませてくれた





川は岩盤が階段状に続いている、上り続ければこのまま天界へ・・・・そんな錯覚さえおぼえてしまう


釣り上るほどに魚影は濃くなったが、ちょっと深入りしすぎてしまった


そろそろ引き返さないと下界へ戻れなくなりそうだ


名残惜しかったが日が傾き始める頃、落ち葉の林道へ脱渓した







d0267877_2163928.jpg





この橋を渡ると下界への入り口、また明日から現実が待っている。
[PR]
by trout335 | 2012-10-26 21:43

・・・ 寄り道 ・・・

午前中は日高の本流と支流を数カ所覗いてみた


やはり昨日の雨の影響か、本流は増水と濁りで釣りが出来る状態ではない


そして支流は・・・・・全てサケに占領されていた


こうなると手も足も出せない、此処はあきらめて引き返すことにした






d0267877_19241918.jpg




午後、結局またこの渓を訪れた


ダム建設の工事はハイピッチで進んでいるらしく、工事車両が林道の奥深くまで入っている


そこでいつも入る区間は避け、車止めから1kmほど林道を上流へ歩き入渓した






d0267877_1931963.jpg




相変わらず魚影は濃く、1投目から尺上のレインボーがヒット


その後も型のそろったレインボーが次々と出てくる





そして、そんな渓にはこんなものもあちこちに





d0267877_19385371.jpg




こんな日は深追いは禁物、あと1尾釣ったら帰ろうと決めて最後のポイントへキャスト














d0267877_19491860.jpg




ちょっと手こずったが、ラストを飾るにふさわしい40UP


おそらくこの渓では、これが最大クラスのレインボーだろう








d0267877_19535331.jpg




帰り道、先日Kさんと寄り道した小さな里川を覗いてみた


道路と田んぼの間をトロトロと流れている川


正直あまり魅力的なロケーションではない


でも、意外とこういう川にデカいのが居たりするから、素通り出来ないのだ


平坦でこれといってポイントがない川なのだが、少し歩くとちょっとした深みを見つけた


ミノーをキャストするといいサイズが追ってきた、だがこの魚、どうも食い気が足りないようだ


ちょっと迷ったが、魚にスイッチを入れるべくスプーンに替えてみると・・・・・





d0267877_2003057.jpg




メタボな40UPレインボー、コイツはよく引いた


もう少し釣りたかったが、残念ながらここで日没Time Up


ちょっと出来すぎの寄り道だった
[PR]
by trout335 | 2012-10-18 20:35

・・・ キムン・カムイ ・・・

今日はKさんを先日の渓へご案内した


本当は別の川へ行く予定だったのだが、天候を考慮しここを訪れることにしたのだ








d0267877_20501280.jpg





前回来たときよりも秋の気配が濃くなった気がする


ほんの数日しか経っていないのに、駆け足で季節は進んでいるようだ


川は相変わらず魚影が濃く、Kさんも僕もそれなりにレインボーの引きを楽しんだ




雑談をしながら1kmほど釣り上り、林道へ脱渓した僕らはそこであるものを見つけた









d0267877_2111018.jpg





これは前足









d0267877_2115492.jpg




そして後足






真新しい足跡、前足の幅を計ると14cm、おそらく200kgくらいの個体だろう


ヒグマは一般的に、前足の幅が12cm~14cmだと100kg~200kg


15cmを超えると200kg以上でオスの確率が高くなるといわれる


雌雄の判別は後足の形状で分かるそうだが、残念ながら僕にはそこまでの知識はない


僕が知っているのは、彼らは非常に賢くそして用心深いということだ


今回はおそらくヒグマの方から我々を避けてくれたのだろう


これからの季節、十分な注意が必要と、気を引き締めた釣行だった
[PR]
by trout335 | 2012-10-11 21:33

・・・ 憂愁 ・・・

「今日はどこへ行こうか」


そんなことを思いながら、遅く起きた僕は漠然と東へ向かっていた


正午過ぎ、たどり着いたのは、山中の小渓流





d0267877_20432434.jpg





なんとも風情のある橋、昭和43年竣工とある


川底は岩盤とナメ床が続いている


ミノーをキャストすると、数尾の小さなレインボーが追ってきた







d0267877_20491226.jpg




この渓はとても美しい、もう少し天気が良ければ最高のロケーションだろう





渓魚の活性も高く、ポイントからは必ず反応がある


しばらく釣り上がると、ぶっつけの流れに倒木が絡んだポイントが見えてきた


倒木と倒木の50㎝ほどの隙間にミノーを打ち込み、軽くシェイクすると・・・・






d0267877_20541960.jpg




d0267877_20544076.jpg





40㎝に僅かに満たないレインボー、この渓の規模だとこのくらいが最大かもしれない






そして、その後も







d0267877_20562536.jpg





d0267877_20564613.jpg





d0267877_2057486.jpg







サイズこそ小さいが、沢山のレインボーに会うことが出来た


渓相・魚のコンディションともに素晴らしい


こんなロケーションときれいな魚たちに出会えたことに感謝したい










それなのに、現実とは皮肉なものだ


とても残念な事だけれど、数年後この渓はダムの底に沈む


あの苔むした橋も、美しい流れも、すべて水の底へ消えてしまうのだ








d0267877_2191369.jpg





すっかり日没が早くなった、雪が降る前にもう一度この渓を歩いてみたい。
[PR]
by trout335 | 2012-10-06 21:22

・・・ DAY2 ・・・

予報では今日も日中は気温が上がりそう


できれば気温の低い朝のうちに1本釣っておきたい


ならばとカヤックで湿原河川を攻めることにした





d0267877_1841745.jpg




本当は日の出と同時に釣り始める予定が・・・すでに7:00


僕は最近どうも早起きが苦手だ


出遅れたのでポイントをどんどん打ってゆくが、いつも通り反応はない


そして8:00をすぎた頃、ベタ底を引いてきたスプーンが何かにひったくられた


重たい引きでどんどん深みに潜ろうとする魚を、ちょっと強引に引き寄せランディング









d0267877_1815165.jpg





ジャスト50cm、何となく表情に幼さが残るレインボー












d0267877_18175216.jpg





それにしても水上での撮影は難しい


せめて河原があればどうにかなるのだが、今回も結局この1枚しか撮れなかった


ここで普通なら「さあ、ここからだ」って事になるのだろうけど


すでに結構気温が高い、ここは撤収して午後から出直すことに







d0267877_18272770.jpg





午後から訪れたのは、昨日のSpring creek


木漏れ日が気持ちいい


まったく下界との気温差には驚くばかりだ





d0267877_18325995.jpg





1投目にバイトしてきたのは体色がちょっと白っぽいブラウン


ここはほぼ100%ブラウンしか釣れない川なのだが


釣れるブラウンは様々な個体がいて面白い







d0267877_1842016.jpg




日が少し傾き始めると、川も表情を刻々とかえてゆく


それでも渓魚の活性は変わらず、今日もかなりの数を釣った










d0267877_19563797.jpg




最後に釣れたのは夕日に染まったような体色のブラウン


ここでStop Fishing


楽しい釣りを満喫した2日間だった。
[PR]
by trout335 | 2012-09-08 19:11

・・・ 0% or 100% ・・・

仕事に忙殺され、しばらく川から足が遠のいていたが


今日、久しぶりにBig Rainbowの川を訪れた


北海道には珍しく、今年はお盆を過ぎてから随分と暑い日が続いている


川のコンディションはどうなのだろうか?







d0267877_18184654.jpg






夏の名残を残した空をバックに、川は蕩々と流れていた


手を浸けると、外気温からは想像できないほど水は冷たい


豊富な湧き水のおかげで、どんなに暑くてもこの川は低水温を保っているようだ





しかし、だからといって簡単な川ではないのは承知のとおり


誰かが言っていた、「0% or 100%」 この川にグレイゾーンは存在しないのだ









d0267877_18292529.jpg







それにしても、このロケーションには毎度癒される


たとえ NO FISH でも、この景色を見るだけで満足してしまうのだから(笑)





とはいえ、やはり想像通り厳しい釣りを強いられた


開始から3時間全くの無反応


今日も NO FISH を覚悟した帰り道、初めて小さなライズをみつけた


しばらくの間どんな魚かを観察する・・・・・どうやら中型のレインボーのようだ


同じ場所に定位して何かを食べている


たぶんチャンスは一度きり、1投目に神経を集中させる










d0267877_18363750.jpg






ルアーが流れのよれを通過した直後、強烈なバイトが襲う


砲弾型の魚影が一瞬見えたが、あっという間にラインを引きずり出し深みに入ってしまった


逆光でよく見えないが、水底で首を振っている


かなり手こずったが、寄せては走られを繰り返した数分後、やっとネットに収まった








d0267877_1951950.jpg





40半ばかと思っていたが、メジャーをあてると51cm








d0267877_1935887.jpg





やっぱりこの川は0%か100%、グレイゾーンはないようだ。
[PR]
by trout335 | 2012-09-03 19:06

・・・ Autumn sky ・・・

今日は午前中父親の墓参り、午後からポッカリと時間が空いてしまった


昨日こちらへ遠征してきた友人に薦めた川へ行ってみようか?


残念ながら釣果は僕や彼が期待していたものではなかったようだが・・・


昨夜の豪雨の影響が気になるけど、その川へ出かけてみることにした





d0267877_1937255.jpg





たどり着いた川は昨日からの雨雲がまだ空を覆っていた


水位も高い、いつもより30cmくらいは増えている


深みを足下を確認しながら釣り上るが、やはりウグイが多い


ウグイの猛攻にあいながらしばらく釣り上り2本目の支流まで来たとき、とても小さなライズを見つけた


それはウグイとは違う、とても小さなライズ





緊張しつつも僕は慎重にキャストした、そしてライズがあった流れの筋にルアーを漂わせる










d0267877_20583565.jpg





突然水面が割れラインが走る、もの凄いトルクにロッドが弧を描く


遠目にギラッと反転した魚体には鮮明なレッドバンド


引きから50UPであることは間違いない


このまま下流へ下られたらフックが伸びる、一か八か強引にランディングすることにした











d0267877_20111194.jpg






今日、僕はツイていたみたいだ、一発でランディングできるなんて(笑)









d0267877_20124722.jpg






尾びれの先が欠けていた、きっとこの魚も産卵に参加したのだろう











d0267877_20144489.jpg






d0267877_20155792.jpg





重すぎて魚体を支えきれず、水中で全身を撮影することが出来ない


ちょっと可哀想だが陸上で手早く撮影・計測する






・・・・61cm、僕にとっては久々の60UP







その後しっかり蘇生させてからリリースすると、魚はユラリと深みに消えていった








d0267877_20194265.jpg




帰り道見上げるといつの間にか雨雲は消えて


きれいな秋空が広がっていた。
[PR]
by trout335 | 2012-08-16 21:07


ベイトタックルで小型のトラウト主体の渓流釣りをしています。


by trout335

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
未分類

最新の記事

・・・ The other ..
at 2013-06-30 22:48
・・・ YAMAME ・・・
at 2013-06-27 19:21
・・・ Brown ・・・
at 2013-06-16 19:03
・・・ Spring ・・・
at 2013-04-13 19:28
・・・ Twilight ・・・
at 2012-12-19 19:11

以前の記事

2013年 06月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月

フォロー中のブログ

Things
ultreya blog

外部リンク

ファン

ライフログ


続・渓流釣り北海道―120河川ガイド

検索

タグ

(18)
(13)
(11)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
北海道

画像一覧