タグ:ブラウン ( 11 ) タグの人気記事

・・・ The other side of a gate ・・・

今回もプチ探検&新規開拓


初めてのフィールドって、どうしてこうもワクワクするのだろう





d0267877_2293824.jpg




午前中訪れたのは近郊の小規模河川


とはいっても、ここは入渓点が少なく気軽に入れる川ではない


いくつかの林道ゲートを通り、地形図とナビゲーションを頼りに何とかここへたどりついた


この川の上流と下流はアクセスポイントが数カ所あり、もっと荒れているのだが


さすがにこの流域は原始のままの佇まいを保っている


ここから1kmほど釣り上ったが、人工物やゴミは見かけなかった








d0267877_22144649.jpg





もう少し大きな魚を期待していたが、釣れる魚はこのくらいがアベレージサイズのようだ


適当なところで脱渓し、午後からは別な川へ






d0267877_22261993.jpg




午後から訪れた川は、午前中の川とはかなり様子が違う感じ


底石は全体に茶色い感じで鉄分やタンニンが多い水質を予想させる


しかし渓相は変化に富み、瀬と深みが交互に顔を出すなかなか魅力的な流れだ






d0267877_22301787.jpg





そんな流れからまず顔を出したのは、小さなエゾイワナ


足下まで追いかけてきてピックアップ寸前にバイトした






d0267877_22334644.jpg







d0267877_22331172.jpg







しかし、その後釣れたのは全てブラウン


ここも1kmほど釣り上っただけだが、いずれも30cm~40cmの型揃いがかなり釣れた


レインボーが1尾も釣れなかった事が気になるが、魚影が濃い川であることは間違いないようだ






今回の新規開拓もそれなりに魚も釣れて楽しむことができたけれど


この次も林道ゲートの向こう側にパラダイスはあるのだろうか・・・
[PR]
by trout335 | 2013-06-30 22:48

・・・ Spring ・・・

根が無精な性格ゆえ、しばらく更新が滞ってしまった


1月からの釣行をまとめてアップします



【1月上旬】


d0267877_184355.jpg





近郊の小渓流へ行ってみた


この辺りは雪が少ない地域なのだけれど、今年は早々にまとまった雪が降った


気になるこの日の水温は2℃


さすがに何の反応もなく撤収した






【2月上旬】


d0267877_18502110.jpg





ここは僕にとっては冬の定番河川、いつもならどんなに寒くても何か反応があるはずなのだが・・・





d0267877_18525026.jpg




何の反応もなく夕暮れを迎えてしまった


今年は寒すぎるのだろうか? 魚たちもじっとして動かないようだ





【4月上旬】


d0267877_1857426.jpg





3月は仕事が忙しく、結局釣りには行かず終い


4月、そろそろ林道の雪も少しは融けただろうと、山奥へ車を走らせてみた


少し釣り上ってみたものの、魚の反応はない


深追いはせず、別河川へ移動する




d0267877_1912521.jpg




ここは前回全く反応がなかったのだが、今日はどうだろうか?







d0267877_19133445.jpg




開始早々30cmくらいのブラウンが釣れ





d0267877_19165820.jpg




その後も30~40cmくらいのブラウンがそれなりに遊んでくれた





いつもならもうとっくに釣り全開モードになっているはずなのだが


どうも今年はなかなか自分にエンジンがかからない


認めたくはないけど、ちょっと年をとったかな(笑)
[PR]
by trout335 | 2013-04-13 19:28

・・・ Twilight ・・・

d0267877_17482886.jpg




昨日降った雪はまたしても土手の道を埋め尽くしてしまった


今年は雪が積もるのがすいぶんと早い







d0267877_17484695.jpg




今日からはスノーシュー着用で釣り場までを歩く


天気は晴れ、気温-5℃、気になる水温は・・・・・2℃


今日はかなり厳しい釣りになりそうだ


釣り始めると5投くらいでガイドが凍ってしまう、その度に水に浸けて凍ったガイドを融かす


ほどなくしてリールのレベルワインドも凍ってしまった


大きめのクリップを伸ばしたワイヤーで、ワインダーホールをつつきながら氷を取り除く


非常に不自由なのだが、これが冬の釣りなのだからしょうがない


「凍らないガイドを発明したら売れるだろうなぁ」などと、そんなことを考えながらキャストを続ける僕を尻目に


川は沈黙したまま、ただゆっくりと流れていた








d0267877_18101939.jpg




対岸に陽が沈むころ、今までの沈黙が嘘のように水面がざわつき始めた


ライズがはじまった


今まで何度もルアーを通したラインで、一見して大型と分かる魚がライズした


すぐに魚が進んだと思われる方向へキャストする


着水してハンドルを数回巻くと、重量感のあるバイトが襲ってきた


直後、スプールが逆転しラインが出て行く、ジャンプした魚は着水と同時に今度は逆方向へ突っ走る


間抜けな話だが、今日はランディングネットを持っていない・・・・・さて、どうするか?


ファイトが長引くとこっちが不利なので、ちょっと強引にこちらを向かせて力任せに巻き上げ岸にズリあげた












d0267877_1824326.jpg






d0267877_18242817.jpg




猛々しい表情のブラウン50UP


この前バラしたヤツは、おそらくこの魚だろう


あの日からどんな魚か気になっていたのだが、正体が分かってちょっとスッキリした(笑)







d0267877_18365488.jpg






帰り道、夕暮れの空を映した水面は、さっきまでのことが嘘のように


シンと静まりかえっていた。
[PR]
by trout335 | 2012-12-19 19:11

・・・ Hook out ・・・

昨夜から朝にかけて降った雪は、土手の道を真っ白く埋め尽くしていた


気温が高いせいか雪質は重たく、ちょっと歩くだけで息が切れる











d0267877_17291426.jpg





ここまでたどり着くのにいつもの倍以上の時間が掛かった


体力の消耗度合いはそれ以上だ(苦笑)









d0267877_17335724.jpg




同じ魚種でもフィールドが変われば魚の食性は微妙に違うものだ


餌になっているベイトのせいなのか、ここにいるブラウンは比較的大きなルアーに良く反応する


今日使うのはサーフスラッグ120


とっくに廃盤で近頃はまず見かけることがない “元祖S字系” プラグだ


あまり人気の無いモデルだが、かつて支笏湖ではこれで何度もいい思いをさせてもらった


1投目、キャスト後しばらくポーズの後、ゆっくり、ゆっくりとリトリーブ


沖の枯れた水草の脇を通った直後、ゴンとルアーをひったくられた


水深が浅いので暴れている魚がよく見える 50cm位はありそうだ


ところがそろそろ寄せに掛かろうと思ったとき、急に軽く・・・・フックがはずれてしまった


ウィードレス効果を高めるための内向きのダブルフックが裏目に出てしまった


シングルフックなら獲れていたかもしれない・・・・・


その後は反応が無くなったので100mほどポイントを移動、しばらく観察していると少しだがライズがある


ライズがあった所へキャスト、ポーズの後リールを巻き始めるとすぐにヒットした


今度はバラさないよう、慎重にランディング








d0267877_17575738.jpg




34cm、痩せたブラウン、産卵後の今時期はこんな魚体が多い


開始早々2ヒット1バラシ、今日は活性が高いのかと思ったのだが・・・・・


その後はすっかり反応が無くなり、2時間ほどでStopFishing







d0267877_184819.jpg






モノトーンの景色の中で、ツルウメモドキの赤色だけが一際鮮やかだった
[PR]
by trout335 | 2012-12-16 18:24

・・・ Female Deer ・・・

休日の昼下がり、前回ブラウンを釣った川を訪れた


ここは市街地にほど近く、釣り人よりも散歩をする人影の方が多い場所だ







d0267877_20272150.jpg





途中、対岸に雌鹿の群れが現れた


幹線道路から200mしか離れていない場所だが、彼女たちはここを頻繁に往来する










d0267877_2031462.jpg




はじめ小雪混じりだった空はやがて青空へ変わったが


ここ数日は雪が降ることが多く、ここもすっかり冬の様相を呈してきたようだ


水温は5℃、ちょっと低いがまだこのくらいなら大丈夫だろう


見渡すと、前回よりも渡りの水鳥が増えている


今日はマガモやコガモ、オオバンの姿も見える


釣り始めて30分、予想はしていたが活性が低くなかなか魚からの反応がない


しかし、ルアーを6cmのペンシルに替えると、すぐに小さなアタリが


そのまま巻き続けて3度目のアタリでやっとヒット








d0267877_20434523.jpg





30cmくらいのブラウン


テールフック1本、口の皮一枚ということが、今日の活性の悪さを良く物語っている







その後も数尾ヒットはするものの、全てバイトが浅くバラシが続いた







d0267877_20491100.jpg





あっという間に陽は傾いて、急激に気温が下がり始めた


ガイドが凍り始め、魚からの反応も無くなったので、今日は終了


これから数ヶ月、こんな釣りが続く。
[PR]
by trout335 | 2012-12-12 21:07

・・・ 白鳥の川 ・・・

不規則な勤務シフトのせいで、今日も休み


天気も良いので市内の川を偵察することに









d0267877_1632911.jpg




まず訪れたのはN川


このところヒグマ遭遇確率が上がっているので、奥には入らず取水場の上流から入渓


水温は8℃、この川は真冬でもこのくらいの水温をキープしている珍しい川なのだが・・・・・・


かなり丁寧にポイントを攻めたにもかかわらず、まったくアタリ無し、魚影も無し


1時間ほどで見切りを付け、移動を決定







d0267877_1643217.jpg



次に訪れたのはT川中流部、ここに来るのは久しぶりだ


今年は新規開拓中心の釣りをしていたので、ホームといってもいいこの川へなかなか足が向かなかった


川と言うよりも取水堰のせいで止水に近い環境だが


ここは来るたびに様々な発見がある貴重な場所









d0267877_16492331.jpg



白鳥の親子が前を横切ってゆく、キンクロハジロやホオジロガモも水草をはんでいる


なんとも長閑な風景、ダイサギが遠くを飛んでゆくのをしばらく眺めていた


ところで肝心の釣りだが・・・・・気になる水温は、6℃


見ているとポツポツとだが、時々ライズがある


とりあえずライズがあるエリアへキャストしてみる


ルアーには時々バイトがあるが、食いが渋くなかなかフッキングしない


魚は沢山いるのだが・・・・ほとんどがスレきった天才君たちだ





少しずつ移動しながら打ってゆくと、ちょっと派手なライズを見つけた


ルアーを小さめのジョイントミノーに替え、ライズがあった方向へ1投目


水面直下をゆっくりとリトリーブすると、あとを追ってくる複数の魚影が見えた


少しだけスピードを上げて、魚にスイッチを入れると・・・・・


派手に水面が割れ、ロッドが曲がる


直後、強いトルクでラインが出て行く・・・・と、思ったらすぐに寄ってきた? 






d0267877_1720845.jpg








d0267877_17202818.jpg




おしかったなぁ


バイトしたのは小さい方のブラウン、大きいヤツは直前で見切ったらしい


とはいっても、これも40cmくらいはありそうだ






やっと活性が上がってきて、さあ、これからだと思っていたのだが


空から大粒の雨が・・・・・・本降りに


ちょっと不完全燃焼気味だが、ここで撤収


大きいヤツは次回また挑戦します。
[PR]
by trout335 | 2012-12-03 17:54

・・・ Noise of Crows ・・・

12月1日の今日、久しぶりにBlackwaterの川を訪れた


前回60UPのRainbowを釣ったのが8月半ば


あれから数ヶ月、川はいったいどうなっているのだろうか?


水温を計ってみると1.6℃・・・・・一瞬、水温計が壊れているのかと疑ったが、そうではないらしい










d0267877_16483588.jpg





周囲を見渡すと、周りの湿原はすべて結氷していた


水深の浅い湿原は簡単に凍り、そこからは限りなく0℃に近い温度の水が流れ出す


そんな支流を数多く抱えるこの川は超低水温の川になっていた


ダメもとで数カ所ポイントを打ってみるが、この水温で釣れるはずもなく移動することに








d0267877_17791.jpg





やってきたのは山奥のSpring creek


林道はまだ雪で埋まってはいなかったが、ここに来られるのもきっと今日が最後だろう


気になる水温は・・・・5.8℃、これならどうにかなりそうだ(笑)


とは言ってもこの水温で簡単に釣れるはずもなく、ここでも当たり前のように無反応が続く


そしてしばらくして倒木が絡むポイントからやっと






d0267877_172458100.jpg




小さなブラウンが


その後も沈黙が続き、かなり釣り上り2尾目が







d0267877_17264521.jpg




やはり同じようなサイズ


予想はしていたものの、とにかく活性が低い






2尾目が釣れて一休みしていると、にわかにカラスが集まりだし騒がしくなってきた


いやな予感がした、カラスが集まるところにはだいたい動物の死骸があるものだ


すぐに周囲を見渡すと、50mほど離れた林の中に鹿の死骸を発見した


しまった・・・・まるで気がついていなかった


悪い予感が的中した、よく見ると川原にもヒグマの足跡がある


ヒグマは獲物をいったん隠し、また舞い戻って食べる習性がある


そして獲物のそばからはさほど離れずにいることもよく知られている


もし獲物のそばに他の者が来れば、ヒグマは死にものぐるいでそれを排除しようとするのだ


その後すぐにそこから立ち去ったのは言うまでもないが、非常に危険な状況だったことは間違いない


ある意味バッタリ鉢合わせするよりも、この状況の方が数倍怖い


無事に車へたどり着いたとき、今回ばかりはさすがに安堵のため息が洩れた
[PR]
by trout335 | 2012-12-01 18:21

・・・ Timing ・・・

北海道は9月になっても暑い日が続いている、過去こんなに残暑が厳しい年は僕の記憶にはない


9月13日、涼を求めてKさんと森の奥深く、ブラウンの川へ出かけた




d0267877_2227298.jpg





このせせらぎを耳にするだけでも、この川へ来る価値はある







d0267877_22293343.jpg






フライのKさんに先行してもらう


しかし、なぜだろう、今日はなかなか魚が出ない


しばらくしてやっとKさんが1尾釣り上げたが、彼も渋い表情だ







d0267877_22322124.jpg





それからかなり釣り上り、やっと僕も1尾


そしてこれがこの日僕の最大魚になるとは・・・


前回あれほどいた魚はいったいどこへ消えてしまったのだろう






d0267877_2240411.jpg





あれから数日たった今日17日、もう一度確かめにこの渓へやってきた


今日は今にも一雨降りそうな空模様、降り出す前に1尾釣りたいところだ


近頃はあまり使わない1500c、大好きなリールだがギヤ比が低いのが玉に瑕だ









d0267877_22481196.jpg





1尾釣るまではこれで通そうと思っていたら、あっさり1投目で釣れてしまった


その後も






d0267877_22493960.jpg





d0267877_22502040.jpg




d0267877_2259962.jpg





サイズこそ小さいものの、釣れる、釣れる


数日前とはまるで違う川のようだ






d0267877_22563232.jpg




結果、サイズは伸びなかったが、かなりの数を釣ることができた


何事も大切なのはTimingということなのだろうか


まったく、いくつになっても釣りはよく分からない。
[PR]
by trout335 | 2012-09-17 23:07

・・・ DAY2 ・・・

予報では今日も日中は気温が上がりそう


できれば気温の低い朝のうちに1本釣っておきたい


ならばとカヤックで湿原河川を攻めることにした





d0267877_1841745.jpg




本当は日の出と同時に釣り始める予定が・・・すでに7:00


僕は最近どうも早起きが苦手だ


出遅れたのでポイントをどんどん打ってゆくが、いつも通り反応はない


そして8:00をすぎた頃、ベタ底を引いてきたスプーンが何かにひったくられた


重たい引きでどんどん深みに潜ろうとする魚を、ちょっと強引に引き寄せランディング









d0267877_1815165.jpg





ジャスト50cm、何となく表情に幼さが残るレインボー












d0267877_18175216.jpg





それにしても水上での撮影は難しい


せめて河原があればどうにかなるのだが、今回も結局この1枚しか撮れなかった


ここで普通なら「さあ、ここからだ」って事になるのだろうけど


すでに結構気温が高い、ここは撤収して午後から出直すことに







d0267877_18272770.jpg





午後から訪れたのは、昨日のSpring creek


木漏れ日が気持ちいい


まったく下界との気温差には驚くばかりだ





d0267877_18325995.jpg





1投目にバイトしてきたのは体色がちょっと白っぽいブラウン


ここはほぼ100%ブラウンしか釣れない川なのだが


釣れるブラウンは様々な個体がいて面白い







d0267877_1842016.jpg




日が少し傾き始めると、川も表情を刻々とかえてゆく


それでも渓魚の活性は変わらず、今日もかなりの数を釣った










d0267877_19563797.jpg




最後に釣れたのは夕日に染まったような体色のブラウン


ここでStop Fishing


楽しい釣りを満喫した2日間だった。
[PR]
by trout335 | 2012-09-08 19:11

・・・ Spring creek  ・・・

今日・明日と休みが取れた


どこに行こうか考えていたが遠くへ遠征する気にもなれず


初日はとりあえず前から気になっていた近くの川を見に行ってみることにした






d0267877_18245228.jpg






林道を10数km、ふた山くらい越えたところにあるスプリングクリーク


この区間に入るのは今日が初めてだ


そして、今日はあるロッドのテストもかねている。


ブランクはソリッドグラス、ガイドだけベイト仕様に自分で加工した2次製品







d0267877_18441287.jpg




そう、元はあの「鱒レンジャー」(笑)


バットフェルールは省略したが、問題ないようだ


冗談で作ったロッドだが、キャストフィールとアキュラシーも意外と悪くない


ブランク1,500円+ガイドでこの性能なら、抜群のコストパフォーマンスだろう


実は初めそのままガイドだけを交換してみたのだが、バックラッシュしやすいロッドで使えなかった


そこで、ティップの戻りを早くするよう先端を少しカットし、ガイドを付け直してみたらそれが大当たり


とても使いやすくなった


そりゃ渓流ベイト専用に作られたBeamsと比べれば明らかに見劣りするが・・・それは酷というものだ










d0267877_18534073.jpg





1投目からこんなブラウンが入れ食い状態、ここにはしばらく人が入っていないのか?


そして、しばらく釣り上るとこんなものを発見した








d0267877_1856099.jpg





ヒグマの食痕


北海道では特に珍しいものでもないが、こんな食痕があちこちにある


人が入っていないのはこれが理由かもしれない








d0267877_18592430.jpg






ヒグマの気配が濃いので、数キロ下流へ戻り入渓し直した


それにしてもここは涼しい、下界とはかなりの気温差があるはずだ


ここからはロッドをいつものBeamsに持ち替えて釣り上る







d0267877_1991475.jpg






そして釣れたのは、30を少し超えるブラウン









d0267877_1913514.jpg





ネットが大きすぎて魚が小さく見えるけど、いいファイトで楽しませてくれた


明日はどこへいこうか・・・
[PR]
by trout335 | 2012-09-07 19:40


ベイトタックルで小型のトラウト主体の渓流釣りをしています。


by trout335

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
未分類

最新の記事

・・・ The other ..
at 2013-06-30 22:48
・・・ YAMAME ・・・
at 2013-06-27 19:21
・・・ Brown ・・・
at 2013-06-16 19:03
・・・ Spring ・・・
at 2013-04-13 19:28
・・・ Twilight ・・・
at 2012-12-19 19:11

以前の記事

2013年 06月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月

フォロー中のブログ

Things
ultreya blog

外部リンク

ファン

ライフログ


続・渓流釣り北海道―120河川ガイド

検索

タグ

(18)
(13)
(11)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
北海道

画像一覧