<   2012年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

・・・ 小さな鱒 ・・・

6月最後の休日は、会社の同僚と湿原河川へ出かけた


この地域の湿原河川は陸っぱりでの釣りが難しいため、必然的にカヤックでの釣りとなる。







d0267877_545530.jpg




Kさん、気持ちよさそうにループをのばしている


時々大型のメイフライが流下しているけど、なかなか彼のフライには反応してくれない


しばらく釣り上りそろそろ折り返し地点かと思った頃、やっと彼が釣ってくれた


でも僕は依然NO FISHだ(笑)




昼頃この川をあきらめ、近くのもう1本の川へ移動する。






d0267877_552180.jpg





カヤックでの釣りは何故か人をおおらかにするような気がする


たとえ釣れなくても、カヤックだと「まあいいか」って感じになってしまう


あのフワフワした浮遊感がそうさせるのだろうか。






d0267877_554210.jpg




途中上陸できる浅瀬で撮影した1ショット


こんな景色の中で釣りをしてると、すばらしいロケーションに飲み込まれて


釣果なんてどうでもよくなってしまうんだよね。





d0267877_561295.jpg




2人ともそんな調子なものだから、当然釣果もごくわずか


結局、数尾の小さな鱒が相手をしてくれて終了となりました。
[PR]
by trout335 | 2012-06-28 19:44

・・・ My Fishing tackle ・・・

僕は自分の使うタックルを少数派なのだろうと思っている。


TROUT FISHINGでベイトタックルをメインに使っている人なんて、ほとんど出会うことがないからだ。







d0267877_592883.jpg




ベイトで釣るメリット、それは低弾道で正確なピン打ちが出来ることに尽きる。


ただし、多少の訓練は必要だけど。


メリット・デメリットの点でいえば、メリットよりもデメリットの方が目立つかもしれない。


軽いルアーは投げにくし、バックラッシュはするし、遠投性能はスピニングの方が上だろう。







d0267877_5101020.jpg




でも、僕にとってはそんな制約の中で釣ることが楽しみの一つになってしまっている。


スピニングを使わない訳じゃないし、そこは臨機応変に使い分けているけど。


管釣りのマイクロスプーンのようにスピニングでなければ成立しない釣りもあるしね。





d0267877_52216.jpg




明け始めたこんな空を眺めながら「不自由ゆえの楽しみ」を満喫しているアングラーがこの世にどれくらいいるのだろう。





d0267877_511381.jpg



そんな不自由な道具でこんな鱒が1匹でも釣れれば、その日僕は1日幸せでいられる。
[PR]
by trout335 | 2012-06-27 07:44

・・・ Unexplored region ・・・

ひとくちに北海道といっても、そこには様々なフィールドが存在する


大都市もあれば気が遠くなるような大自然も健在だ


しかしどうだろう、いわゆる「秘境」といえそうな場所が北海道にはまだ残っているのだろうか?


世界遺産の知床でさえあの有様なのに


現在Aランクの自然を維持しているのは、日高のごく一部だけといわれている。





d0267877_5152421.jpg




そうはいってもこんなロケーションの川は、まだ北海道にはいくらでもある


都市部を流れる川で良型のTROUTが釣れるのも、ここではめずらしいことではない


幹線道路から300mそれただけで、こんな景色が広がるのだ。







d0267877_23594826.jpg




僕の住む地域にはいくつかの湿原河川が存在する


道東の湿原河川とはちょっと趣がちがうけれど。





d0267877_5161815.jpg




都市部と隣接した川、そんな川からは自然繁殖したこんな魚が普通に釣れる


そしてこの土地の人たちは、それをさほど特別なこととは思わずに生活している


・・・そう考えるとここはある意味「秘境」なのかもしれないね。
[PR]
by trout335 | 2012-06-25 22:01

・・・ TORIKABUTO ・・・

どんよりした天気だった


6月の北海道、1年で一番いい季節のはずなのに、今日はちょっと違っていた


冷たい霧はやがて霧雨に変わり、レインのフードをしたたり落ちる


やがて昼を過ぎた頃、雨がやんだ


とたんにムッとする熱気を含んだ風が吹き始める


生暖かい風の中で早咲きのトリカブトが誇らしげに揺れていた





d0267877_5171670.jpg




気温が上がりテレストリアルの流下が始まっても、川は沈黙したままだった


そしてあたりが薄暗くなった頃、リトリーブする手が止まった


一気にラインが走り、ティップが水面に突き刺さる










d0267877_5174417.jpg




ちりばめられた鮮やかなレッドスポット、下流の有名レイクの魚とは異なる特徴だ


サイズは50cmを少し超えるくらいだろうか


やっと・・・これで帰れる(笑)


ここに今度訪れるのはいつだろうか。
[PR]
by trout335 | 2012-06-18 09:14


ベイトタックルで小型のトラウト主体の渓流釣りをしています。


by trout335

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ

全体
未分類

最新の記事

・・・ The other ..
at 2013-06-30 22:48
・・・ YAMAME ・・・
at 2013-06-27 19:21
・・・ Brown ・・・
at 2013-06-16 19:03
・・・ Spring ・・・
at 2013-04-13 19:28
・・・ Twilight ・・・
at 2012-12-19 19:11

以前の記事

2013年 06月
2013年 04月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月

フォロー中のブログ

Things
ultreya blog

外部リンク

ファン

ライフログ


続・渓流釣り北海道―120河川ガイド

検索

タグ

(18)
(13)
(11)
(3)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)

その他のジャンル

記事ランキング

ブログジャンル

釣り
北海道

画像一覧